梅雨明け猛暑日の八郎潟攻略劇

八郎潟
スポンサーリンク

今週末の八郎潟釣行。

ここ最近良い釣り出来てないので好釣果を目指して朝から実釣開始。

秋田もいよいよ梅雨明けしたという事で現場に到着した時点ですでに気温は30℃近く
八郎潟で暑い時期の定番となれば水通し&水質の良い流入河川エリアなのですが、今年は水中の季節進行が遅い影響でこのパターンが通じない事が多々あります。

今回もそれでコケたら嫌なので、粘るにせよ潰すにせよ、朝の一番美味しい時間帯に釣りをして判断しようと本湖流入河川の自身のあるエリアで実釣開始。

先週までの雨の影響による濁りなどは無く水質良好。
にも関わらずバスの反応どころか生命感は一切無し。

唯一朝イチにあったバイトはまさかのニゴイ。
コンフィデンスを持てるエリア・ポイントがことごとくダメだったので、何箇所か回った時点で流入河川エリアを完全に見切る事を決断。

過去の釣果実績を考えると後ろ髪を引かれる思いでしたが、過去の釣果はあくまでも過去のもの
今自分が釣りしているのは目の前のフィールド
…と割り切って東部方面の水門やリップラップエリアをランガン。

すると数箇所目で何かのベイト(恐らくボラ稚魚?)の群れを発見。
一応狙ってみますがその場では反応無し。

写真撮影すると跳ねるのをやめる恥ずかしがり屋なベイト達(苦笑

その群れが結構な距離の沖にポジショニングしていたので、
もしかしてバスはこれらのベイトについて沖にいるのではないかと予想。

続いて移動した水門で沖に向かってヘビダンをキャストするとすぐさまヒット!

小バスさんですが狙い通り何も無い沖でヒット。
更に同程度サイズのバスを一本追加した所で巻物にシフト。

水門沖のオープンエリアに向かって扇状にキャストを繰り返すとまたしてもヒット!

BHシャッドでわずかにサイズアップ。まだ満足できるサイズじゃないけど間違いなくバスは沖に居る。

更にルアーをローテーションして広く探っているとヒット!
ぉ、さっきと比べると結構重い!

ワンエイトSRで40UP。アフター回復してきている個体かな?
その後、何度かフッキングミスやバラシなどを繰り返し、LV-0で一本追加したところで反応ストップ。
ベイトの群れが移動してしまったっぽいですね。

とりあえず本数は稼げたのであとはサイズアップ!
別のエリアに移動して岸際ではなく、少し沖の地形変化をヘビダンで丁寧に狙うとヒット!

ドライブクロー3インチの7gヘビダンで45UP!

この時点で時刻は11時頃。
まだ午前中ですが5本以上釣れているという最近の八郎潟の状況を考えるとイケイケ展開!
引き続き釣りを続けたかったのですが、あまり寝てなかったのと当日県内では気温が35℃を超える猛暑日。体力的にこのまま釣りを続けると熱中症になる恐れもあったため、大潟村にある

『ポルダー潟の湯』でゆっくり休む事にしました。

お昼前に入館して温泉に入って汗を流してレストランでカツ丼を食べ、仮眠コーナーで一眠り。
仕事の疲れなどもあったためか、15時ぐらいまでメチャメチャぐっすり寝てしまいました(苦笑

で、釣りを再開。
午前中と同様に少し沖を意識してヘビダンで丁寧に攻めるとヒット!

クロステールシャッドロボのヘビダンで45UP

続いて水通しが良いエリアでアフター回復個体を狙ってスイムベイトを巻き巻きしていると、
葦の側面からバスがルアー目掛けすっ飛んで来てモンドリバイト!

ドライブシャッドの5gテキサスで45UP

あまりに強烈喰い方だったのでライギョかと思った・・・。
とうか、なんか普通にシャローにもバス居ましたねw

更に朝イチに連発した水門へ戻りクランクで30台のバスも追加して9本目。

この時点で18時半頃だったのですが、あと1本で二桁釣果ということで、どうにか追加できないかと奔走・・・。しかしまぁそんなドラマは起こらず9本でフィニッシュでした。

小さいサイズのバスも含めたとはいえ、最近の厳しい状況が続く八郎潟で9本(40UP4、30台2、20台*3)というのは中々良い結果だったと思います。
しかし、朝の連発ミスが無ければ40UPだけで6~7本は捕れていたので少なからず反省点もあり、様々な意味で良い経験になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました