穴あけポンチは万能のリグツール!?

タックル
スポンサーリンク

本日は先日の釣行でも活躍したツールをご紹介します。

使用したのはそこら辺のホームセンターなどで数百円で販売している
『穴あけポンチ』です。

名前の通り、穴をあけるために使用する道具ですが、
前回の釣行ではこれを使用してワームに一工夫しました。

実釣でバスを釣り上げたのはドライブスティック3.5″でしたが、当日はバスがボトムよりもやや上の位置でサスペンドているような状況でボトムにワームをベッタリ付けると反応が無く、ならばとダウンショットで少しワームを浮かせてみました。
しかし、それでも反応が微妙だったので、『ワームをくり抜いて中空にすることで、ある程度の浮力を確保してワームを中層でプカプカと漂わせる事を思いついたのです。

結果は大成功でブレイク付近でリグを放置しているとアタリで出て見事良型バスの捕獲に成功しました。

で、肝心のリグり方。

まずはワームを適当な位置でぶった切ります。
切り口から穴あけポンチをワームに差し込みます。
上手く行けば穴が空いた部分のワームが出てきますが、抜けてこないときはペンチなどで引っ張っても良いです。
あとは最初にぶった切った残りの半分のボディをライターなどで炙って溶着させて
冷やして固まれば完成!

更に浮力を持たせたい場合は、切り抜いた部分のサイズに合わせてカットした発泡スチロールなどを入れるのも良いかと思います。

この方法かなり応用でき、シャッドテールワームで浮力を生かして水面でバジングさせたり
ミノーシェイプワームを浮かせて水面ピクピク系ワームにするなど、アイディア次第で様々な場面で有効活用できます。

これからアフター回復でバスが上ずってくるので、ぜひご参考にして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました