名機00メタニウムmg

タックル
スポンサーリンク

前回ダイワのTD-Zを購入したと記事を書きましたが、本日は某中古ショップに行ったところ、シマノの00メタニウムmgがジャンクコーナーに格安で売っているのを発見して即購入してしまいました。

スポンサーリンク

シマノの往年の名機

『メタニウム』といえば、シマノの中でも中枢ともいえるリールですが、その中でも屈指の剛性を誇るのが00メタニウムmg。

個人的なイメージでは清水森三さんがダイワと契約する直前までの長期間使っていたのが印象に残っています。

ボディはやや大きめ、ハンドルは小さめ

ボディサイズは昨今のリールと比較すると、かなり大きめ。

スプールはワイドスプールの深溝でフロロの16lbでも100m近く巻くことが可能ですが、ハンドルの長さは70mmと短めのため、今見るとアンバランスともいえます。

『完成形』のSVS

当時のSVSは6個のブレーキシューを爪で引っ掛けてオンオフを調整するシンプルな構造。
いちいちサイドプレートを開閉する手間がありますが、現在のSVSよりもトラブルが少なく安定しており、
SVSはこれが完成形だったんだだなと個人的には思っています。正直今のSVSは嫌いです。この時代のSVSに戻してくださいシマノさん。

ベースの造りは最高!

丁度手元にタクティクスがあったので乗せてみました。モリゾー感が出ていて良い…

この頃のシマノリールは無駄が無く、完成度が極めて高いリールばかりで本当に良い時代でした。物思いに耽りながらシーズン入ったら使ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました